热门
新番

一起动漫 > 鬼灭之刃 > 文章 > 情报 >

鬼灭之刃188话漫画文字情报

时间:2019-12-19 来源:未知 作者:ii13120

   鬼灭之刃188话漫画文字情报

  鬼灭之刃188漫画 悲痛的恋情

  扉页 被关在牢笼裡的蛇

  舞台转到现世

  无惨以触手全方位攻击

  岩(速度又上升了!被压制了!甚至无法用通透反应)

  蛇(我连悲鸣屿的盾都当不成!很快我也要动不了了、该死!)

  恋(我会第一个溃败…!应该多少也要帮上忙啊!只能决死突袭了。虽然不知道这样能不能阻止无惨的行动)

  此时被拉扯的感觉袭向恋,恋的额头、左肩及左脸的肉都被削到了。蛇向恋衝去

  岩水风的攻击都打不到无惨,无惨一脸冷漠

  蛇为了替恋包扎,叫队员去找愈史郎

  恋睁大眼睛「我还能战斗。这次我一定不会扯后腿」

  蛇「已经够了。很够了」

  把恋交给队员,蛇跑向无惨。恋想阻止但使不出力气

  「不要啊伊黑先生不要死」

  蛇边跑边将嘴上的绷带解开,丝毫不在意几乎裂到脸颊边缘的嘴角全都露了出来继续跑着

  蛇(如果能和你在普通的日常裡相遇该有多好)

  回想

  蛇的一族是靠从人们身上抢夺金钱跟房子来生活、慾罪深重且虚伪的一族。因为生下来的几乎都是女子,每叁百七十年才会生出男孩,出生时就会将他关进牢笼

  十二岁时被带出牢笼,见到了下半身像蛇一样的女子

  一族会把生下的婴儿当作祭品送给这个女人,但身为男人而面貌不同的我,只是为了长大一点增加能吃的分量而被养大的

  女人说要让自己的嘴跟她一样,把自己的嘴给大大的切开了

  只想着要活下来,用偷来的簪子削开了木格子,在那迷茫之中遇见的镝丸是唯一可以信赖的生物

  蛇女追着逃亡的我,但被当时的炎柱拯救了

  虽然被带去了表姐妹那理,但姐妹们都说「因为你逃掉了大家都要死了!乖乖被吃掉不就好了!」

  我的心被剐痛到令人厌恶的程度

  生于垃圾一族的我也同样是个垃圾

  将这无处可去的想法全都扔向了鬼,只是憎恨着鬼

  回到现在

  跑着的蛇想起了第一次遇见恋的时候

  在飞舞的花瓣之中,穿着和服露出彷彿要滴落下来一样的盛开的笑容的恋

  (想打倒无惨。希望能净化我这污秽的血。如果能再次出生在没有鬼的平和的世界、这次我会告诉你我喜欢你)

  _____________________________________

  鬼灭之刃188话漫画日文情报

  第188话 悲痛な恋情

  扉 座敷牢に入れられている蛇

  舞台は现在へ

  无惨は触手で全方位攻撃をする

  岩(速度がまた上がった!圧される!透けて感じることすらできない)

  蛇(悲鸣屿さんの盾にもなれない!すぐに俺も动けなくなる、

  くそ!)

  恋(私が1番に溃れる‥!少しも役に立ててないのに!捨て身で突っ込むしかない。それでも无惨の动きを止められるか分からないけど)

  攻撃を避ける恋を无惨の斩撃が追う

  その时フオと引っ张られる感覚が恋を袭い、恋の额と左肩、そして左頬の肉を削いだ。急いで恋に駆けつける蛇

  岩水风は攻撃しても届かず、无惨は凉しい顔をしている

  蛇は恋の手当てをする为、队士に兪史郎を探し出すよう言う

  恋は目を见开き「まって私まだ戦える。今度は足を引っ张らないようにするから」

  蛇「もういい。十分やった」

  队士に恋を任し、无惨の元へ走る。恋は止めるも力が抜けて立てない

  「伊黒さん嫌だ死なないで」

  蛇は走る内に口元の包帯が解け、顔の端まで口元が切り裂かれているのが露わになっているのも気にせず走る

  蛇(もし君と何気ない日常で出会う事が出来ていたらどんなによかっただろう)

  回想

  蛇の一族は人々から金や屋敷を强夺して暮らす、业突く张りで见栄っ张りの一族に生まれた。女ばかり産まれる家系で、男が生まれるのは叁百七十年振りで、生まれた时から座敷牢に入っていた

  十二になって座敷牢から出て连れ出され、下肢が蛇のような女に会わされた

  一族は産んだ赤ん坊をこの女に生贽として差し出していたが、男で风変わりな目をしていた俺は、大きくなり食える量が増えるまで生かされているだけだった

  女は口を自分と揃えると言って、口元を大きく切り裂かれた

  生きることだけ考え、盗んだ簪で木の格子を削り、その中迷い込んだ镝丸と出会い唯一信用できる生き物になった

  逃げた俺は蛇女に追いつかれたが、当时の炎柱に助けられた

  従姉妹の元へ引き合わせてくれたが従姉妹は「あんたが逃げたせいでみんなしんだのよ!大人しく喰われりゃよかったのに!」

  嫌という程俺の心を抉った

  屑の一族に産まれた俺もまら屑だ

  やり场のない思いは全て鬼に向けた。ひたすら鬼を恨み憎んだ

  现在に戻る

  走る蛇は恋と初めて会ったらしき时を思い出す。

  舞い散る花の中、着物を着てこぼれ落ちそうなくらいの満开の笑顔の恋を思い出し

  (无惨を倒してしにたい。どうか俺の汚い血が浄化されるよう愿う。鬼のいない平和な世界でもう一度人间に生まれ変われたら、今度は君に好きだと伝える)

  自己レス

  追记

  口元を切り裂かれた后、蛇は又座敷牢に戻されました